東京五輪・パラリンピック ドイツ・カヌーチーム招聘

日本カヌー連盟春園長公先生来草

 2 月5 日(月)、日本カヌー連盟常務理事春園長公先生が来草し、スポーツ振興課長本多氏を訪ねました。かねてより草加パドラーズが獨協大学とのご縁で、綾瀬川・伝右川へドイツチームを招聘したい旨を伝えていましたが、中村慶太氏のお力添えで先生に立ち寄っていただいたものです。本多課長さんから、草加市の現在のオリンピックへの対応状況の説明があり、春園先生から、日本各地の都市の動きの説明がありました。
今後、草加市がホストタウンに名乗りを上げるかどうかは全く未定ですが、わずかの可能性があれば何とか前進させたいものです。佐藤利器草加市議さんにも同席していただき、現在の状況を理解していただきました。今後、市民と行政のパイプ役として活動していただけるものと期待しております。