「視覚障がい者」カヌー体験 福祉体験事前練習

4月15日(日)、昨夜の雨も上がり、1時間遅れの9時30分から定例活動をしました。風間船着場で上陸・休憩をして左岸船着場へ戻りました。今日の成果はゴミ5袋分、角材2本、マットレス、黄土色のカバンなどでした。カバンには書類、キャッシュカードなどの貴重品が入っていました。(弁天交番へ)

アイマスクで訓練
活動の最後に、左岸船着場で二ノ宮・田中(佑)君、木村・古田氏がペアを組み、介助する方、される方になり交互に練習をし合いました。言葉と体での誘導方法を学び合い意見交換をしました。

三つの体験をしていただく
①カヌーに乗り、浮かんで居る様子を体感する。②自らもパドルで漕ぎ、前進する。③パドラーの指示を受けながら浮遊ゴミをタモ網ですくう・・を体験していただく事になりました。皆さんに安心して乗っていただけるようがんばります。

《福祉体験予定日》5月12日(土)午前9時から草加市視覚障がい者「虹の会」代表宮田新一さんたち10名が体験する予定です。よろしくお願いいたします。