出羽堀不法投棄15袋回収

7月11日(水)、定例活動日で木村、中島2名が出羽堀・綾瀬川合流地点を視察。多量の葦とエアコンパイプカバー、灯油タンク、空き缶、ペットボトルなどの生活用品が散乱していました。昨年9月以来の現認でした。
7月14日(土)、午前中の水位の高い時間帯を見計らって、木村、古田、篠岡、中島の4名で出羽堀の中に入り多量の浮遊ゴミを回収しました。バイクの車輪、エアコンパイプカバー、発泡スチロール、空き缶、空き瓶、ペットボトルなど15袋分の回収でした。越谷市民の皆さんは、この出羽堀をどのように考えているのでしょうか。鋼矢板垂直護岸にフェンスを設けているだけの構造です。地域の人々が水辺に親しめる構造にしていただきたいと強く感じました。
フェンス越しに通りかかりの母子が「有難うございます」と声をかけてくれました。