中学生、競技用シーカヤック 約3.0km遂に漕ぎ切る

9月1日(土)、少年部の相原君がついに左岸船着場付近から草加松原北端まで約3.0kmの距離を競技用シーカヤックで漕ぎ切りました。最近、カヌー操船技術が向上し、水切り艇、バナナ型艇、シーカヤック艇を乗りこなし、最も操船が難しいとされる競技艇への挑戦をしてきました。
日頃より、二ノ宮、田中佑、杉尾君たちが見守る中を、何度も沈(チン)を繰り返し努力してきました。これからも少年部の皆が、競技艇へ挑戦し続けてもらいたいと思っています。