伝右川船着場設置の進捗

①獨協大学船着場

11月30日(金)、獨協大学国際環境経済学科長米山昌幸教授と中島事務局長が研究室にて伝右川船着場二か所の設計図面に関する打ち合わせをしました。市民アンケートに沿って越谷県土事務所寸田課長白川主任が中心になり取り組んでいただいている段階だそうです。獨協大学生がカヌー体験会や水質検査、生き物調査で利用しやすくなりますね。

②札場河岸船着場

札場河岸公園神明排水機場横に札場河岸船着場を作成する案を図面で示していただきました。私たちの強い願いを受け入れていただいた設計図になりました。獨協大学と札場河岸公園が水路でつながり、伝右川がさらに市民と子どもたち、獨協大生に身近なものになるでしょう。