子どもの日21名で16袋

5月5日(祝)、子どもの日、定例活動に21名が参加、16袋と木材、丸太などを回収しました。この日は、金明町のガマ自生地に大量のゴミが放置されているという古田氏の情報を受け、蒲生船着き場まで向かい、自生地の茂みの中や、土手沿いのゴミを拾いました。

連休最後の活動日でしたが、皆さんの協力で自生地をきれいにすることが出来ました。

コンビニで購入した軽食を口にしながら休憩しました。  今回初めて梅田莉音さんが往復6㎞を漕ぎ切りました。また、幼稚園3歳児、5歳児もタモ網でゴミ拾いのお手伝いが出来ました。