定例活動で15袋回収 くじら雲仰ぎ集合写真

令和元年6月16(日)、昨夜来の雨も上がり、定例活動に木村、林、間宮、佐藤夫妻、黒田親子、梅田親子、松永、大原、荻原、中島、磯崎の14名と、初参加の古澤氏の15名で蒲生船着場までの約3kmのゴミ拾いをし、15袋の成果でした。増水で流れも強く、釣り人もたくさん出ていたので、梨音ちゃんは林さんに引いてもらうという場面も見られました。手代町の古澤氏も初体験ながら往復6kmを見事に漕ぎ切りました。

久しぶりのガマの自生地には、沢山のゴミが集まっていました。上陸休憩後、みんなで集合写真を撮りました。偶然でしたが、後方の青空に真っ白いくじら雲が浮かんでいました。年中、海ごみゼロ運動を展開している草加パドラーズを応援しているかのように見えました。