志木市商工会青年部主催 新河岸川「川とあそぶ」下見聞

令和元年8月25日(日)、志木市商工会青年部主催「川とあそぶ」カヌー体験会が9月8日(日)に新河岸川「いろは親水公園」で開催予定です。今回、佐藤達也代表からの依頼に応えるための事前下見聞でした。会員7名で事前下見をしてきました。     
地形などの安全点検
➀カヌーの乗船場所の確認
階段状になっていて、乗り降りが容易。
②川の形状
幅約30m、深さ100㎝程、流れ緩やか。
③水質
やや黄土色の濁り。透視度約50㎝(推測)
④熱中症対策
日陰(簡易テント)対策、水場、トイレ※未確認
⑤地形上の危険箇所
柳瀬川合流付近の三角州、狭い川幅、複雑で早い水流。※要注意
《安全対策》
合流点付近へは近づけさせない指導と救助体制
➀救助艇からの指導と救助活動
②救助浮輪の用意
体験から学ぶ!
合流点の川幅が狭まった場所の速い水の流れに負けて、昇れない会員が2名いました。機転を利かせて上陸して、曳舟をしてくれたのが梨音ちゃんのママ梅田玲子さんでした。的確な判断力と機敏な行動力に感服。体験から学び、体験を活かす・・パドラーズの目指すモットーですね。大変お疲れ様でした。