定例活動13名、3袋の成果 敷布団、ブラウン管テレビ回収

令和元年9月22日(日)、秋の彼岸の3連休の中日、定例活動に古田、大原親子、梅田親子、石崎親子、佐藤ご夫婦、荻原、林、中島、磯崎13名が参加し、ゴミ袋3袋分とブラウン管テレビ1台、敷布団1枚の回収でした。
 テレビは、風間工務店ビル側に2~3週間不法投棄されていたものです。布団は、不法投棄か風で飛ばされたものかは不明ですが、大きな成果であったと云えます。
途中、シオカラトンボが水面で羽根を濡らし、もがいているのを梨音ちゃんが発見、上陸後、羽根が乾くまで見守り続け、小さな命を助けました。シオカラトンボ一匹を救う子供たちの姿に感動です。写真は、磯崎君と梨音ちゃんが古田さんと一緒に水を含んだ布団を引き上げている様子です。その場で少し踏みつけて水を絞りましたが、相当な重さでしたので一輪車を用意し、ゴミ集積所まで運びました。今日は親子やご夫婦での参加が多く、皆でカヌーを楽しみました。