八条大橋、船着場開拓

令和元年11月9日(土)、午前9:00八条大橋側へ木村、古田、荻原、林、伊藤、間宮、篠岡、大原、前野、井坂、中島の11名が強行上陸し、清掃活動と船着場開拓をしました。日頃から八条大橋側の土手沿いに不法投棄と思われるペットボトル、空き缶、空き瓶などがたくさん散乱していましたので、今回は思い切って上陸してゴミ拾いし4袋分のゴミを回収しました。河川美化活動の重点場所の一つでしたので、全員で下草を刈り、ツタを抜き、茂みを刈りこんで、船着場を整備しました。
八条大橋
船着場
河川美化活動は、浮遊ゴミを拾う事はもちろんですが、土手沿いに散乱するゴミの回収も同じように重要です。今後、「八条大橋船着場」と命名し活動の拠点にしてまいります。