八潮市南後谷樋管 綾瀬川/ヘドロ水放出

令和元年12月4日(水)、定例活動に木村、篠岡、荻原、渡邉、中島の5名が参加し、宮代橋までの約3kmの区間の浮遊ゴミ1袋分を回収しました。いつもよりも浮遊ゴミが少ないように感じました。しかし、八潮市役所下水道課発注の南後谷排水機場ポンプ改修工事で、ポンプ場と水路から黒いヘドロ水を綾瀬川へ放出しているのを発見しました。その周辺の綾瀬川の水の色が異様なほどに真っ黒でした。八潮市役所下水道課と国土交通省中川出張所へ連絡しました。宍倉所長さんは、今後このようなことが無いように各市町村へ指導します。岡田課長さんは、堆積物と上澄み管理を適正にさせます・・というお返事でした。
12/4 水質検査で最良!
AM8:00 気温7度 水温10度 PH7
「透視度/52㎝、COD/3㎎/ℓ」
これは、今季最良値でした。
この一年間の綾瀬川の水質検査で、一番きれいな水質でした。今後はさらにCODは3㎎/ℓ以下を、透視度100㎝以上を数値目標として努力しましょう。