紅梅に心和むゴミ6袋

令和2年2月22日(土)、<定例活動>で古田、村田、井坂、中島、磯崎の5名が手代橋側までゴミ拾いをしました。満潮時から引き潮への直後で、大袋に入ったゴミがたくさん浮遊していました。中身は、ビールの空き缶、食べ物の空き袋、食べ残しなどが多かったです。今日は、6袋分の成果でした。上陸した魚屋河岸跡の紅梅の花に心が和みました。
<毛長川グループ>の木村、篠岡、林の3名は、浮遊ゴミ5袋の成果でした。林氏が日頃から自主的に収集した45袋と合わせて50袋を分別し「舎人三丁目みどり公園」へ仮置きして、足立区の清掃局に片づけをお願いしました。本日の活動成果は、合計56袋でした。綾瀬川・毛長川両グループ共に大変お疲れ様でした。