緊急事態宣言発令 ! 都内新規感染者140人超え!

◆益々患者数増加で、一向に終息の気配がありません・・早く終息宣言が出るように、各人が自覚を持って行動してください。
草加八潮消防局
レスキュー隊出動!
令和2年4月8日(水)、午後5時半頃、綾瀬川に人が転落したとの通報を受けて、草加八潮消防局レスキュー隊が出動。ジュラルミン救助艇と牽引ワゴン車1台、消防工作車1台、隊員5名が左岸船着場へ到着し、まさに救助艇を着水する寸前に、引上げ中止の無線連絡が入り救助活動が取りやめになりました。レスキュー隊長さんにお聞きしたところ、「上流付近へ転落したとの事案で出動した・・事案対応の必要が無くなった・・」だそうです。その詳細は分かりませんでしたが、その場を離れました。あれほど素早い隊員たちの動きでしたが、その間15分間です。Y議員さんから、近い将来、暫定スポーツ広場に消防本部が設置される・・と聞いていますので、施設設備の計画段階で救助艇出動が素早くできることも設計に入れてほしいと感じました。
転落「バスケットボール」1個救出
4月8日(水)、午後3時半頃、市内H小学校3年男子が綾瀬川第一ラグーン付近で、買ってもらったばかりの「バスケットボール」を転落させてしまい、母親に強く叱られ、泣いていました。「おじさんがカヌーで拾うので、見失わないようにしなさい。」と云って上げ潮と南風にあおられているボールを松原大橋手前で救出しました。「今度は、川に向かってボールを投げるなよ・・・」と声をかけました。「有難うございました・・・。」子どもは、うれしさで満面の笑顔になっていました。
中根和舟の会より小型艇借用
4月7日(火)、田川会長、榎本事務局長の計らいで、中根和舟の会から小型ボートをお借りできることになりました。「どうぞ自由に使ってほしい・・」との事です。2人乗り、軽量の小型艇ですので大変小回りが利くという利点があります。救助艇や浮遊ゴミ回収の母船として大いに利用させていただきます。