失敗の連続行政との連携 越谷県土整備事務所

令和2年4月11日(土)、「古綾瀬川弁天橋側に上れるステップか階段をお願いします」・・と2年前の左岸工事の時からお願いしてきました。しかし、写真を見ても分かるように、今回の右岸工事でも、私達の要望事項は、全く無視状態です。古綾瀬川のゴミ拾い活動で弁天橋側へ上陸するときにどこを登ればよいのでしょうか。写真を見て分かるように、排水樋管設置場所に点検ステップと称して手すりを10個くらい取り付は可能だったはずです。私達の、古綾瀬川美化活動の様子は、何度も県土整備事務所を訪ね、会報や成果をお届けしていますので分かっているはずです。なぜ、県民の願いを真正面から受け止め、検討し実行されないのか不思議です。言葉は悪いが「怠慢」です。私たちの知る県職員は皆さん真面目で優秀です。しかし、このような事が何度も繰り返されると不信感だけが積もります。関係部署で早急に検討してもらえるよう要望いたします。