万が一に備え救命浮環常設!

令和2年5月1日(金)、綾瀬川での水難救助を想定し、クラブハウス前入口扉に救命浮環(10mロープ付き)と5mのフック付き竹竿を常設しました。
3年前の3歳男児転落死、2年前の草刈り作業員の転落死がありました。1秒でも早く救命浮環や竹竿で救助ができたら・・・という強い思いで設置し、通りがかった人が、だれでも自由に使えるようにしました 。
先日、掲示板を親子が眺め、「綾瀬川がカヌーのメッカに・・! 」「ゴミ拾いのおかげで綺麗になってきたね !」と話し合っている姿を見てほのぼのとした温もりが伝わってきました。嬉しいですね。