2020「海ごみゼロウイーク」 第2日目

令和2年5月31日(日)、木村、古田、大原、梅田親子、井坂、中島の7名が「海ごみゼロウイーク」第2日目に参加し浮遊ゴミ25袋分、重さは59.9㎏の成果でした。
おだやかな天候で、満潮前の引き潮時間帯でしたが、県道足立-越谷線に架かる綾瀬橋までの約3.0kmを頑張りました。蒲生大橋-綾瀬橋間の右岸、かさね橋側左岸の岸辺のゴミ拾いをしました。

また救助艇を母船として利用し、大変成果が上がりました。梅田親子は、緊急事態宣言解除後、初めての参加でした。今日も、三密を作らない、マスクを必ず着用すること・・と確認し合っての活動でした。大変お疲れ様でした。
※期間中は、30ℓビニール袋に統一して活動しています。(草加市支給ごみ袋)