浮遊ゴミ350袋10㎥回収

令和2年6月26日(金)、国土交通省中川出張所が契約する名倉建設さんが浮遊ゴミを回収に来てくれました。監督と4名の作業員さんが約1時間をかけて積み込み搬送してくれました。今年の第1回目は3月9日に280袋、今回第2回目は350袋でした。「海ごみゼロウイーク」で回収した131袋(市廃棄物資源課引取)を含めるとこの3か月で481袋にもなります。350袋分でコンテナ車山盛りでした。最高新記録と云えます。
「処理費用40万円」
今関監督さんの言によると、今回10㎥超の量だそうです。処理費は1㎥約3万円、作業員4名と借用トラック代を含めると40万円以上の費用だそうです。税金で支払われていることになります。国民一人一人が環境問題を考え自覚を持ってほしいと強く感じました。