定例活動2人で8袋回収

令和2年7月4日(土)、定例活動に木村、中島の2名が参加し8袋分と丸太1本、板1枚の成果でした。昨夜から停滞梅雨前線で九州では球磨川が決壊し14名が行方不明・・と報じられる中、私たちは、雨が止んだのを見計らって定例活動を実施しました。昨晩の増水で強い流れの中を蒲生船着場まで必死に漕ぎ切りました。中島氏は久しぶりに出羽堀の清掃を、木村氏はガマの自生地のゴミ拾い活動を分担し沢山の成果でした。藤助河岸で釣りをする男子中学生2名が声をかけてくれました。今日の釣果は、ウナギとニゴイそれぞれ1匹ずつだそうです。中曽根橋側の土手から小学生の姉妹が手を振り挨拶をしてくれました。子供たちが、私達の活動を見て温かい言葉をかけてくれるようになり、ちょっぴり、やりがいを感じるひとこまでした。                  
東京都内の新型コロナウイルス感染者数が3日連続100人超え・・と報じられたり、梅雨時の空模様や増水する河川の状況でしたので、今日の参加者は、たった2名の参加でしたが、実施できて良かったです。今日も3密に気を付けて無事に終えることが出来ました。大変お疲れ様でした。
来る7/19(日)春日部・足立区・草加合同古利根川ごみ拾い活動を予定しています。