定例活動14人で1袋回収

令和2年7月8日(水)、定例活動日に木村、古田、篠岡、佐藤ご夫妻、梅田親子、中村、岡、林、渡邉、井坂、中島、初参加の松原の14名が松原北端までのゴミ拾い活動をしました。昨日の雨で増水している綾瀬川を必死に漕いで浮遊ゴミ1袋の成果でした。上流から流れ下ってくる浮遊ゴミは思いのほか少なかったです。活動会員14名でたった1袋の回収成果は、少なさの新記録になります。それだけ綾瀬川が少しずつ綺麗になってきたという事が言えるでしょう。八潮市の松原氏も初参加でしっかりと漕ぎ切りました。彼には今後も気軽に参加していただき八潮市で活動団体を立ち上げてもらいたい・・という期待と希望を持っています。三密に注意して無事終了しました。