甚左衛門船着場 水辺の安全「河童の碑」建立/募金のお願い

〈趣旨〉
昔から、ふるさと草加には大小の川が流れ、この川を利用して人々の生活が営まれてきた。一時、人々の意識から遠ざかってしまった川に対して、再びその恵みに感謝する時代が訪れた。
この度、埼玉県越谷県土整備事務所により、伝右川に船着場が設置された。私たちは、ここを一つの拠点にし、行政と協力して水辺の再生に取り組み、住みやすい魅力ある街づくりに取り組んで行きたいと考えている。
しかし、水辺には人の命を奪う水難事故が発生する可能性があり全く安全であると断言できない。そこで、人々が水の恵みに感謝するとともに、船着場の側に「河童の碑」を設置し、水辺の安全を祈願する象徴として、ここに「河童の碑」を設置することとしました。 (※河童は日本の伝説上の動物で、人々を見守る水神であると云われている。)
〈 記 〉

〈除幕式〉令和2年8月1日(土) 午前10:00
〈建立場所〉甚左衛門船着場の側
〈参加者〉夏休みカヌー体験会参加者20名
〈準備〉幕と紐(中島)
〈記録〉(井坂)
〈式次第〉
①開式の言葉 (古田)
②趣旨説明 (中島)
③除幕 (小学生男女2名)補助
④会長挨拶 (木村)
⑤閉式の言葉 (古田)水辺の安全「河童の碑」建立委員会
1 発起人 草加パドラーズ本部役員
2 建立の趣旨 上記の通り
3 板碑発注先 草加宿6丁目 青木石材店
4 予算 100,000円
5 募金活動 (一口5,000円) 7/10~7/20まで
6 事務局 草加市松江2-4-16 中島080-6567-3773 ※募金者名は会報へ明記する。
________________________________________
草加パドラーズ会長様
水辺の安全「河童の碑」建立募金申込み書
私は、趣旨に賛同し(   口  円)募金をさせていただきます。
令和2年7月 日 住所
氏名      電話