猛暑の中、親子体験2袋

令和2年8月10日(祝)、木村、古田、矢部、佐藤ご夫妻、小野里、井坂、中島の8名と8/1夏休みカヌー教室参加の小坂親子2名の合計10名で活動しました。45ℓゴミ袋2袋分と丸太1本の成果でした。
小坂親子は、すでに夏休みカヌー教室に参加した体験があり、親子ですぐにカヌー操船に馴染み、草加松原北端まで往復2kmを漕ぎ切りました。丁度この日は、満潮時に重なっていましたので、水面は穏やかで、絶好の体験会になりました。また、2馬力ヤマハ船外機を付けたボートも出しました。小型船舶操縦士の国家試験挑戦のための実技練習の目的でした。少しずつ、利根川決壊の洪水に備えた人材育成を自主的に実施する取り組みです。この日は、気温35度を超える猛暑の中、全員無事に頑張りました。今日も三密に気を付けて活動が出来ました。お疲れ様でした。