カヌーで草加の史跡を散歩

令和2年8月19日(水)、小金井市の渡邉さん、朝霞市の廣沢さんの社会人2名が、カヌーで草加の史跡散歩を楽しみました。8時30分に左岸船着場を出発、神明排水機場の長いトンネルをくぐり伝右川広場へ出て、甚左衛門船着場へ上陸。江戸時代の札場河岸跡、名勝草加松原、松尾芭蕉像の見学、東北41諸大名の大名行列をもてなした宿場町の歴史を見学しました。お二人は、環境問題への意識が高い方たちで、クリーンリバーや街づくりについて楽しく意見交換が出来ました。特に水質浄化に関するノウハウをお持ちの方々でしたので、今後も引き続き交流させていただければと感じました。熱中症、3密に気を付けて無事に活動を終えました。