「那珂川」遠征ダウンリバー

令和2年8月22日(土)、木村、古田、松永、林、中島の5名で那珂川へ遠征し下検分をしてきました。目的地まで片道125km、車で3時間半の距離でした。栃木県の大瀬橋を出発して茨城県那珂川大橋まで約15kmを3時間半かけてダウンリバーをしました。大瀬橋上流側に最初の大きな瀬があり、中島艇は最初からダウンでした。林、松永に助けられ、やっと下流側へ降りることが出来ました。その後、途中に10か所くらい小さな瀬に遭遇しましたが、何とか全員無事に下ることが出来ました。始めの5kmは上級者向き、後半の10kmは中級者向き・・という事がわかりました。全員がヘルメットとスカートをしっかり付け、準備万端であったことはとても良かったと思います。那珂川の水は冷たく、透視度も1mくらいあり、川底が見えるほど澄んでいました。ゴール地点の那珂川大橋下流側にゆったりと流れる入江があり、多くの親子連れが水遊びを楽しんでいました。
今後の遠征活動候補地の一つに加えることができると思います。
今日の綾瀬川定例活動には村田、岡の2名が参加し宮代橋間で6袋の成果でした。那賀川、綾瀬川の両活動共に無事終了しました。