綾瀬川/60~70%プラゴミ 政府制度化

令和2年10月20日(火)、日頃の綾瀬川クリーン大作戦における浮遊ゴミ回収活動で、ペットボトルとプラスチック製品の割合は60~70%です。政府は、大量に排出する事業者にリサイクルを義務付ける方針を固めたそうです。海洋汚染、マイクロプラスチック問題で生態系に重大な悪影響があることは明白です。私たちは、引き続き河川美化活動に頑張ってまいります。

定例活動7袋回収
10月21日(水)、定例活動に木村、矢部、田中、井坂、大沢、篠岡、中島の7名が参加し、7袋の成果でした。満潮時の上げ潮で天気に恵まれ、金明町のガマの自生地まで出向き沢山のゴミを回収しました。出羽堀へ入ってみると、ゴミが無くて比較的きれいでした。蒲生船着場で上陸して、コンビニで休憩して戻りました。三密に気を付けて活動ができました。