強風の中ゴミ拾い活動

令和2年11月21日(土)、木村、古田、窪、木下、石崎民、石崎瑠、紀元、磯崎、井坂、木村太、中島の12名で松原北端の風間船着場へ向けてゴミ拾い活動をしようとしましたが、途中の松原大橋付近で、ビル風に押し返され、大変危険と判断し戻ることにしました。急遽近場の神明排水機場の甚左衛門船着場を目指すことになり、窪、井坂が南へ向かいましたが、風の勢いがさらに強まり、危険を感じて古田氏が後を追い救助へ向かいました。
実戦救助訓練
窪氏は、自力で左岸船着場へ戻れましたが、古田、井坂両名は陸上から木村氏にロープで曳航されやっと左岸船着場へ戻ることが出来ました。船舶は、風の影響を受けやすいという事を身をもって感じた日でした。太勇くん、瑠一くん、晴太くん、強風の中を沈(チン)をせず良く頑張りましたね。
又の機会にカヌー大会の練習をしましょう。今日は0.5袋の成果でした。お疲れ様でした。