宮代橋/8名でゴミ9袋回収

令和2年12月2日(水)、定例活動に木村、村田、樫村、紀元、井坂治、井坂次、中島と篠岡の8名で宮代橋間2.5㎞のゴミ拾いで9袋分と木材・丸太6本の成果でした。
行きは満潮時でしたのでとても順調でしたが、帰りは引き潮に逆らい頑張って戻りました。宮代橋側で上陸して、八潮OB館で休憩し戻りました。浮遊ゴミの量がだいぶ減ってきたと云っても、8名で頑張ると、まだまだ9袋分も拾うことが出来ました。井坂治氏は、体験2回目でしたが往復5㎞を、樫村氏はバナナ型の難しい艇をしっかりと乗りこなせるようになりました。紀元さんは、艇の操船にも慣れ、ゴミ拾にも余裕が出てきました。
また、汚染水放出!
午前11時頃、また、汚染水が稲荷1丁目の排水樋管から大量に放出されているのを発見し市環境課渡邊課長補佐さんへ連絡しました。すぐに対応していただき、丸山課長さんがしっかりと事業者へ指導してくれたそうです。いつもの排水樋管から100m上流の排水樋管でした。