「川の再生交流会」中止決定新型コロナ第3波対策

令和2年12月3日(木)、県水環境課家田氏から「本年度の川の再生交流会は中止」との連絡をいただきました。例年、全体会、ポスターセッション、分科会が実施されていましたが、今年は、コロナ対策でテレワークと縮小分科会を考え準備していましたが、埼玉県の方針で感染予防措置として集会活動、スポーツ活動などの自粛・中止の決定がなされました。県水環境課としてもこれに類する活動として中止の決定がされたわけです。年一回の全県規模で交流し学ぶ機会が失われたことは大変残念です。※写真2020.2.1
ワクチンの実用化を急ぐ !
12月4日(金)、米国ジョンズ・ホプキンス大学の集計で新型コロナウイルスによる死者数が150万人を超えたと発表。マスク着用や社会的距離の確保といった感染防止策が無視されるケースが目立ち、教会や結婚式場などでクラスターの発生が今も続いています。累計死者数は米国が27万人、ブラジル17万人、インド13万人、英国が6万人と続き、日本は2,200人です。そうした中で、新型コロナウイルスのワクチン実用化が各国で待たれています。一日も早い終息を世界中が待ち望んでいるところです。