コバトン記者10名が来草

令和2年12月13日(日)、県民生活部共助社会づくり課笹川主査、日本旅行の田中、藤田、森口氏の引率で「コバトン記者団」10名、保護者3名の合計17名が来草しカヌーでゴミ拾いの体験をしました。
木村、古田、佐藤夫妻、小峰、井坂、松永、間宮、黒田、小野里、並木、高橋、有馬親子、磯部親子、木下、林、富沢と友人、中島の21名と活動をしました。途中で甚左衛門船着場へ上陸し草加宿の歴史や松尾芭蕉と奥の細道の勉強もしました。浮遊ゴミ2袋回収の成果でした。