水質浄化問題 透視度52cmから1mへ 少しずつ改善

令和3年3月18日(木)午前9:00に水質検査を実施しました。気温10.3度、水温14.4度、透視度52cm、COD6.0㎎/ℓ、PH7.0の測定値でした。これは、1月7日の透視度63cm、COD 4㎎/ℓに次ぐ良い結果でした。少しずつ水質改善の傾向が伺えると考えられます。7年前に私たちが河川美化活動を始めた当時は、水の色が灰色がかり、腐ったような悪臭が漂っていましたが、現在は、あまり感じなくなりました。今後、さらに透視度1mを目指し、努力を続けてまいりましょう。