綾瀬川/伝右川21袋自転車

令和3年4月3日(土)、定例活動に木村、古田、佐藤、並木、中村、矢部、木下、植田、藤田、磯崎、石崎瑠、井坂、中島の13名が綾瀬川蒲生船着場間2.1㎞、伝右川獨協大学間2.3㎞で、21袋分と自転車1台、一斗缶、木材等の成果でした。これだけの成果を上げたのは、7名の有志が綾瀬川での活動を終えて、伝右川沿いの獨協大学先の峰分橋まで花見を兼ねて出向いたところ、自転車や不法投棄ゴミに遭遇し、たくさん拾うことが出来たからでした。これからは時々、峰分橋まで足を伸ばしゴミ拾いをする必要性を感じました。獨協大学正門橋の船着場へ上陸し、休憩を取り戻りました。丁度、サッカーの練習試合を終えた磯部親子が船着場を見学して帰る途中でしたので、偶然に出会え、出迎えてくれたのが感激でした。