埼玉県「川の再生交流会」 草加市(綾瀬川)で初の開催

6月10日(土)、埼玉県「川の再生交流会」が草加市で初めて開催されました。
午前中は、カヌーでゴミ拾いと綾瀬川視察に分けて交互に体験しました。
操船を誤って転覆する参加者もいましたが、無事終了。五感を通して綾瀬川の現状を把握していただきました。
参加者の多くが初めてのカヌー体験でしたので「ワクワク、ドキドキ」の楽しいゴミ拾い体験が出来ました。
市役所の関係者も体験しました。
川口市、越谷市、春日部市、戸田市などの環境団体、草加青年会議所、中根町会、松江町会、獨協大学生など55名の参加者により「川の再生」について熱心に話し合われました。
多くの若者たちの参加を得て、収穫の多い交流会でした。



 
 

分科会は学生さんたちの司会で運営

「伝右川再生プロジェクト」飯島君の総合司会。
大石会長、市生活部石倉部長、県水環境課山口主幹の挨拶、木下県議のメッセージ、草加市議佐藤利器氏、田中宣光氏の参列。
DVD「綾瀬川クリーン大作戦」井坂氏上映、班別司会を学生さんたちにお願いして、各地からお出での皆さんからの意見をまとめてもらいました。
20年以上活動を続けている団体から美化活動継続の重要性、若者たちからカヌーなどのスポーツ文化の普及、水辺を活かした街づくり、行政との連携の大切さなどが出されました。
来る11月3日「雄飛祭」でこの成果も発表予定だそうです。
大変お疲れ様でした。