第2回 金明町ガマ自生地ゴミ回収

6月24日(土)、木村、松下、小峰、井坂、中村、大室、石原、中島が救命ボートを母船にして、金明町ガマ自生地のゴミ回収作業を行いました。
約1時間の活動で、ビニール袋20袋分のゴミ回収ができました。
いつも多量のゴミが潜んでいる問題個所を8人で除去作業をしました。
本来ならば、町会の方々と協力して実施するのが望ましい事ですが、現場の地形状況や労力、危険度から考えると、水上からの回収作業が一番効率的だと考えました。
当日は、水位も満潮期でカヌーが座礁することもなくスムーズに作業が出来ました。
今後も定期的に、この場所の美化活動を続けてまいります。
このガマの自生地は、美観、水質浄化、野鳥や魚貝類の住み家として貴重な場所ですので、これからも大事にしていきたいものです。