草加市環境推進協議会 古綾瀬川自然ひろばの草刈り 松江橋下へカヌーで上陸

10月8日(日)、草加市環境推進協議会の「古綾瀬川自然広場ビオトープ草刈り会」がありました。森田課長補佐、環境団体の20名・・その内、草加パドラーズから佐藤、古田、小峰、石原、篠岡、相原、二ノ宮、金川、中島の9名が参加し、汗だくになりながら草刈りをしました。1時間程で大分きれいになりました。魚類研究家の石井氏から生息魚類の説明を聞き、その後、綾瀬川のゴミ回収活動にもどりました。この日の浮遊ゴミ回収量は、45ℓビニール袋5袋分の回収でした。皆さん大変お疲れ様でした。

≪市環推協への疑問≫
①今回も、草刈り参加者が20余名でした。その内、草加パドラーズは9名が参加。36団体もの市環推協の人々はどうしたのでしょう。色々事情があるとは思いますが参加者が少なすぎます。広大なビオトープの草刈りは大変です。拝見した感じ、高齢者も多く、また道具の準備も不十分でした。
②草加パドラーズが市環推協に所属している意義が殆ど無いことに気づき始めました。環境課や市環推協との連携で、私たちの活動に何かメリットがあっただろうかという疑問が会員の中から出ています。次年度は、市環推協から退会も検討したいと考えています。