11月14日(火) 古綾瀬川AM9:00の状況

埼玉県民の日、会員の小学6年生が古綾瀬川排水機場付近の水質サンプルの採取をしました。事故発生4日目は、白濁色は殆ど無くなり、やや青みがかった濁りのある水質でした。だいぶ塩化銅水溶液が本流へ流れ出し、希釈されてきたように感じました。県の関係者が排水機場橋上から、タモ網で流下する魚の死骸の回収をしていました。
10:00、私たちは左岸船着場の上流部で通常の浮遊ゴミ回収活動を実施しました。