古綾瀬川「塩化銅溶液」 流出事件後2週間・・!

11月11日(土)から2週間が過ぎ、塩化銅溶液40tの自然希釈は、綾瀬川本流谷古宇橋付近で、まだまだ銅の独特の青みが消え去っていない状況が続きます。鴨やアオサギの姿はちらほら見られますが、魚影の様子は見られません。魚釣りの人の姿も見られなくなりました。