誤った正義感と誤解

12月23日(土)、大人9名、子ども6名が風間船着場から左岸船着場へカヌーで引き返すときに、73歳男性から激しい口調で「あんたら、誰の許可でやってんのか」「子どもも一緒で危険だ」と有り難い指摘をいただきました。私たちが3年間ゴミ拾い活動を続けていること、子どもたちは親の許可を得て、しっかり安全指導をしていることを伝えました。草加パドラーズがまだ理解されていない事例でした。